空き部屋対策の一つに新大阪でも貸会議室があります

空き部屋対策の一つに新大阪でも貸会議室があります

新大阪の町のオフィス街にも空き室があります。

町を歩いていますと、空き室ありという広告や看板を見かけますし、新聞の折り込みチラシにもレンタルオフィスに適していますと書かれたチラシもありますね。

マンションが建設される一方で、空き室対策も問題になっている現状があると思います。

空き室でのトラブル、犯罪に発展したというケースもあると聞きます。

オーナーさんや不動産業界では対策を急がれる実情がありそうです。

そこで考えられているのが貸会議室や貸しオフィスなどの事務所や部屋をレンタルするという考え方です。

新大阪でも貸会議室を利用しているという企業が増えています。

そして年々利用者が増えると共に需要が高まっているとも言います。

個人事業という個人経営での会社も増えている社会背景もあるように思います。

自分の会社を持たずしてもスマホやパソコンで仕事が出来る時代ですから。

空き室対策でもあり、社会のニーズでもありという事になりますね。

今後の需要はますます高まりそうですね。

自社ビルからレンタルへ

戦後の日本は自社ビルを持ち、自社ビルには社長室をはじめ、会議室や食堂といった部屋を作ることが当たり前でした。

時代は移り変わります。

新大阪でも自社ビルを持っていると言う企業は現在どのくらいあるのでしょうか。

本社は自社ビルでも支店や出張所は経費節減のためにレンタルするという考え方が多くなったようにも感じられます。

そしてオフィス自体もレンタルする時代ですね。

オフィスをレンタルするのですから会議室という部屋は存在しません。

そこで貸会議室という考え方が登場します。

貸会議室、とても合理的なのではないでしょうか。

新大阪の貸会議室情報

会議がないときには必要ない部屋ですので、必要な時にあれば用はたりますからね。

新大阪の企業でも会議室をレンタルし会議を行っているという話は聞きます。

レンタルするにも部屋だけなのか、備品も必要なのかで料金にも違いがあります。

必要な物を見定めて必要な物だけがレンタルできる。

レンタルというメリットの大きいところかも知れませんね。